PDFファイルへの写真画像と署名画像の貼付け方法

必要なソフトウェアについて

このページでは、PDFフォームに写真の画像を貼り付ける方法及び、電子署名の方法を紹介します。

PDFファイルに画像を貼るには、以下のものが必要です。

  • Adobe Acrobat Reader DC(PC版、無料)がインストールされたコンピュータ または
  • Adobe Acrobat Pro DC (XI)(有料)がインストールされたコンピュータおよびモバイル端末

※これらの環境がない場合は、郵送にてお申込み可能です。

画像のフォーマットは、あらかじめPDFへの変換が必要です。
お手持ちの画像ソフトで変換するか、以下に紹介する方法で作成して下さい。
(図はクリックすると拡大します)

既にPDF化された画像をお持ちの方は、手順4)からご覧下さい。

  1. 署名・写真の用意
  2. 不要な部分を削除する
  3. 画像ファイルをPDFに変換
  4. PDFフォームに写真画像を貼る
  5. PDFフォームに署名する

 

1)署名・写真の用意

署名日と署名を白い紙に書き、スマートフォンやデジカメで撮影するか、スキャナで取り込んでjpegファイルにします。
写真の場合も同様に、デジカメで撮影するか、写真をスキャナで取り込みます。整形後の解像度が600 × 720ピクセル以上になるよう、解像度に余裕を持って作成して下さい。
signature

2)不要な部分を削除する

お手持ちの写真編集ソフトなどで、署名の部分だけを切り出します。
写真は、横:縦の長さが 5:6になるように整形します。
編集ソフトがない方は、PIXLR EDITORで無料でオンライン編集が可能です。

こちらをクリックしてPIXLR EDITOR へ行くと、以下の窓が開きますので、「コンピュータから画像を開く」をクリックします。

pixlr_jp_1

スキャンした署名画像ファイルを開きます。ツールボックスの「切り抜き」ツールが既に選ばれた状態になっています。違うツールが選択されている場合は、ツールボックスの一番左上の記号(図では水色の四角で囲まれています)をクリックします。
署名の大きさに合わせて、カーソルをドラッグすると、水色の四角い切り抜き窓が表示されます。
写真の場合は、「ナビゲーター」ウィンドウに表示されているW:とH:の値が5:6になるように調節してください。

pixlr_jp_3

この状態でリターンキーを押すと切り抜きが実行されます。その後、ファイルメニューから「保存」を選びます。

pixlr_jp_5

以下の窓が開くので、そのままの設定で「OK」ボタンを押すと、保存先が選べます。名前をつけて保存して下さい。

pixlr_jp_6

 

3)画像ファイルをPDFに変換

お手持ちのソフトで画像をPDFに変換します。
画像フォーマット変換ソフトがない場合は、以下の無料のオンライン変換サービスをご利用ください。(同等のサービスでも可。「jpeg pdf 変換」などのキーワードで検索します)

http://jpg2pdf.com/ja/

変換が終了したら、「ダウンロード」ボタンを押して、ファイルを保存します。

pdf6

4)PDFフォームに写真画像を貼る

※この作業は、PDFフォームに署名する前に行って下さい。

まず、最新のAdobe Acrobat Reader DCを入手してインストールします。
次に、申込書PDFファイルをAdobe Acrobat Reader DCで開きます。

以下、MacOSXの画面で説明しておりますが、Windowsでも同じインターフェースです。

※ダブルクリックして開くと、別のPDFビューワーが開くことがあります。Google Chrome, Safariなどのブラウザの中でPDFが開いてしまった場合は、一旦PDFファイルをダウンロードフォルダなどに保存してから作業して下さい。

acrobat_jp_1

「ツール」メニューから、「スタンプ」を選び、「開く」をクリックします。
(画面では2番目に表示されていますが、環境により表示位置は変わります)

acrobat_jp_2

カスタムスタンプメニューから、「作成」を選びます。

acrobat_jp_3

新たに窓が開くので、手順3)で作成した写真画像のPDF(jepg画像は読み込めません)を選び、OKボタンを押します。

acrobat_jp_4

「カスタムスタンプを作成」ウィンドウが開くので、分類に「写真」、名前に「証明写真」と入力してOKボタンを押します。

acrobat_jp_5

次に、「スタンプ」メニューから、先ほど作成した分類の「写真」を選び、その中の写真画像をクリックします。

acrobat_jp_6

すると、写真がPDFに取り込まれ、以下のようなウィンドウが開きます。
何も入力せず、そのまま完了ボタンを押して下さい。

acrobat_jp_7

写真の角の白い小さな四角をドラッグすると、写真のサイズを変更できます。
写真張り付け欄にうまく収まるように調節して下さい。

acrobat_jp_8

 

5)PDFフォームに署名する

※この作業は、PDFフォームの他の入力欄への入力を全て済ませて、必ず変更を保存してから行って下さい。

署名欄の横の紫の入力欄をクリックすると、「デジタルIDを追加」ウィンドウか、既に署名が登録されている場合は「文書に署名」ウィンドウが開きます。
「文書に署名」ウィンドウが開いた場合は、「署名に使用するID」ドロップダウンメニューから、「新規ID」を選ぶと、「デジタルIDを追加」ウィンドウに移動します。

acrobat_jp_9acrobat_jp_10

「今すぐデジタルIDを新規作成」を選んで「次へ」ボタンを押します。

ウィンドウズの場合のみ、このあと、証明書をどこに保存するかを尋ねるウィンドウが開きます。何も変更せずに、「次へ」ボタンをクリックすると、証明書情報の入力画面に移動します。

証明書の情報を入力します。名前と電子メールアドレスは必須です。
必要事項を入力したら、「次へ」ボタンを押します。

acrobat_jp_11

パスワードを決めます。このパスワードは、今後この署名を使うたびに必要になりますので、必ずどこかに控えておいてください。忘れると、削除も出来なくなります。
完了ボタンを押します。

acrobat_jp_12

すると、「文書に署名」ウィンドウに戻ります。
次に、「表示方法」から「表示方法を新規作成」を選びます。

acrobat_jp_13

タイトルに「画像つき署名」と入力します。
グラフィックの設定は「取り込まれたグラフィック」を選択し、「ファイル」ボタンから、手順3)で作成した署名画像のPDFファイル(jpeg画像は使用できません)を選択します。
テキストの設定は、日付以外のチェックは全て外して下さい。
OKボタンを押します。

acrobat_jp_14

文書に署名ウィンドウに戻りますので、さきほど設定したパスワードを入力し、「署名」ボタンを押します。

acrobat_jp_15

ファイルを別名で保存するウィンドウが開くので、必ず「署名済み」など別名をつけて保存して下さい。

acrobat_jp_16

この署名済みファイルをメールで送って下さい。
記入内容を変更したい場合は、署名前のPDFファイルを開いて修正後、再度署名をしたものを送って下さい。