公式伴奏者

 

宇根美沙惠

東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。その後同大学同学部楽理科卒業。ピアノを佐野幸枝、北島公彦、浜口奈々の各氏に師事。また、ジャック・ルヴィエ、エリック・ル・サージュ、フランツ・ボーグナー等各氏のマスタークラスを受講。PTNAピアノオーディション、日本ピアノ教育連盟オーディション、かながわ音楽コンクール等で入賞、入選。リサイタルやNHK-FMにて様々な演奏家と共演し、多方面にて活動している。これまでローム音楽セミナー(管楽器クラス)、国際ダブルリードフェスティバル、日本木管コンクール、浜松国際管楽器アカデミー等にて公式伴奏ピアニストを務める。現在、東京藝術大学管打楽科非常勤講師・演奏研究員。

 

大島史子

桐朋学園大学卒業。その後ウィーン国立音楽大学に学び、修士課程を修了しマギスター学位を得る。第9回ベートーヴェン国際コンクールにてディプロム賞を受賞。ピアノを野原百合子、黒岩直子、林秀光、ノエル・フローレスの各氏に、チェンバロを岡田龍之介氏に師事。また、黒岩英臣氏、高橋康人氏の指導も受ける。マイスターミュージックより発売されている、元N響首席クラリネット奏者磯部周平氏のCD「エレジー」他で伴奏を務め、また日本木管コンクールの公式伴奏者を務めるなど、現在、室内楽、伴奏、ソロ、オーケストラ等で活動している。

 

小澤佳永

東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻を経て同大学大学院修士課程ピアノ専攻修了。現在同大学管打楽科演奏研究員。第25回ヴィオッティ・ヴァルセジア国際ピアノコンクール(イタリア)第三位受賞。第11回メルボルンアジアパシフィック室内楽コンクール(オーストラリア)ピアノトリオ部門第二位受賞。第55回ヴィオッティ国際音楽コンクール(イタリア)セミファイナリスト。ジュラ・キシュ国際ピアノコンクール、ペトロフピアノコンクール、町田ピアノコンクール、バッハコンクール、第一位受賞。ペオリア交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団と協演。中日賞受賞。2016年度青山音楽賞(バロックザール賞)受賞。サントリーホール室内楽アカデミー第1-3期生。サントリーホール、チェンバーミュージックガーデンにアカデミー選抜メンバーとして出演。イタリアのキジアーナ音楽院マスタークラスを奨学特待生として受講、選抜コンサートに出演。

 

仲地朋子

国立音楽大学及び同大学院修了。
1997年スイスにてR.ブッフビンダー氏に師事。
NHK-FMに多数回出演他、第24回日本木管コンクール、2013~2017年クラリネット・コスモス、2014年ジャック・ランスロ国際クラリネットコンクールJapanでの公式伴奏を務める。
ピアノ・室内楽・伴奏法を故E.エリアス、N. ユジャニン、K.シルデ、篠井寧子、新城京子の各氏に師事。